あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
かえるくんたびにでる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるくんたびにでる

  • 絵本
作・絵: マックス・ベルジュイス
訳: 清水 奈緒子
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「かえるくんたびにでる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784883301386

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

ねずみくんがとても素敵!

半ば強引に、ねずみくんについて旅に出たかえるくん。

けれども楽しんでいたのは、ほんの最初だけ。
やれお腹がすいただの、くたびれただの言うかえるくんにハラハラしましたが、
ねずみくんは何だかんだ世話をやいてあげます。

この絵本の不思議なところは、それでもかえるくんに腹が立たないところ。
何だか親近感のあるいでだちだからでしょうか?先を急ぎたいねずみくんのことが気にかかりつつも、
「もう、仕方ないなあ かえるくんは・・・。」と、少し笑ってしまいました。

そして最後には、かえるくんはホームシックにかかっていると知り、仲間の待つ自分のお家に帰ります。
旅ももちろんいいけれど、やっぱり自分のお家が一番!
でも、そう思える場所があるって、とても素敵なことですよね。

家に帰ると決めた時の、ねずみくんの一言がとても紳士的で、
こういうさり気ない優しさを自分も見習いたいと思いました。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マックス・ベルジュイスさんのその他の作品

たいせつなてがみ / かえるくんはかえるくん 改訂版 / 男の子とおおきなさかな / かえるくんどうしたの 改訂版 / かえるくんは かなしい / かえるくんのたからさがし

清水 奈緒子さんのその他の作品

ぼくはことり / ササフラス・スプリングスの七不思議 / はたけしごとにとりかかろう / ポプラポケット文庫 クリスマス・キャロル / こちらゆかいな窓ふき会社 / 世界の名作文庫 クリスマス・キャロル



葉祥明さんの描く不朽の名作

かえるくんたびにでる

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13




全ページためしよみ
年齢別絵本セット