タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かばんうりのガラゴ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かばんうりのガラゴ

  • 絵本
作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かばんうりのガラゴ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784894232006

23.7×22.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


島田ゆかさんにインタビューしました!

みどころ

大きな赤い目にピンと立った耳。左右違う色の長靴をはき、6本足のついたかばんを引きながら歩いているのはガラゴ。旅するかばん屋さんです。ガラゴが売っているのは不思議なかばんばかり。訪ねてくるお客さんの要望にこたえて、ぴったりなかばんを出してくれるのです。ほら、今日も。

「きょうだいがほしいの」という子犬には、犬のかばんを。(入れ子になってるから3びきもかばんの兄弟ができちゃった!)「ライオンらしくみえるかばんを…」という毛の薄いライオンには、たてがみのかばんを。おまけに威厳が出るようにクレヨンで目のまわりに線を描いてあげるサービス付き。

かばんをもらって喜んだお客さんは、お礼にクレヨンやスイカなどプレゼントを渡します。だから、なんだかガラゴも楽しそう。

おやおや、今度のお客さんはどこかで見たような…?

作者の島田ゆかさんのファンの方も、大人気「バムとケロ」シリーズの読者もきっと期待している、絵の細かさ、小道具の凝り様、勝手に想像させられるサイドストーリー等々はもちろん大満足できる内容です。ガラゴを初めて読む人だって、すぐに夢中になってしまいます。それでいて、ガラゴの世界観は「バムとケロ」とまた一味違います。なんといっても「旅する」かばん屋さんですからね、夢があります。こんなにも居心地のいい場所を瞬時に作りあげてしまうガラゴ、ちょっと憧れちゃいますよね。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

かばんうりのガラゴ

出版社からの紹介

ガラゴは旅するかばんやさん。次々にやってくるお客さんの注文に、ガラゴはどんなかばんを出すのでしょう?

ベストレビュー

イラストが最高です

バムとケロシリーズをそろえ、じゃあ、次はガラゴシリーズを、と見てみると。。。。

私にとって今までのベストです。
息子はどれもすべてベストのようですが。

絵が今まで以上にかわいらしい。
素敵なアイデアいっぱいのかばんがたくさん。
私もぜひ、お客さんになりたいです。
息子とどんなかばんがあったらいいだろうねーと考えるのも楽しいです。
(リリィティナさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


島田 ゆかさんのその他の作品

Bam and Kero Go Flying バムとケロのそらのたび 英語版 / バムとケロのおいしい絵本 / Bam and Kero’s Frosty Morning バムとケロのさむいあさ 英語版 / Bam and Kero’s Sunday バムとケロのにちようび 英語版 / ぶた いろいろなかず / 小型絵本 バムとケロのさむいあさ



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

かばんうりのガラゴ

みんなの声(201人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット