貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
くろうまブランキー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろうまブランキー

  • 絵本
作: 伊東三郎
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年11月
ISBN: 9784834001235

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつも主人にいじめられていた黒馬が、サンタクロースの銀のそりを引くようになるまでのお話。フランスのフレネ学校の共同創作を原作とした、優しい、静かなクリスマス絵本です。

ベストレビュー

絵がすてき

有名な絵本ですが、読んだのは今回が初めてです。
感想を書くにあたり、皆さんの感想を読ませていただきましたが、こぶた文庫さんの感想と同じ意見です。

私もなんとなく物足りないな〜と感じてしまいました。
最初は、最近のいろいろと刺激の強い絵本に慣れてしまって、素朴なものが物足りないのかと思いました。
けれど、違うのです。
前半の不幸と、後半の幸福をつなぐものが薄い感じがするのです。
昔は苦労したけれど、余生は幸せです、というのではなくて、もう少し反骨精神とか自分で運命を切り開くとかいうものが見えれば、もっと良かったような気がします。

でも、堀内誠一さんの絵は、本当に素晴らしいのです。
絵だけ眺めても十分に楽しむことができるくらいです。
本当に、いろいろな絵を自在に描いた人なんだなと、深く感じ入りました。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

バナー画像

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

くろうまブランキー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット