話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

あかいことりとライオン

あかいことりとライオン

作・絵: エリサ・クレヴェン
訳: たがきょうこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784198603328

出版社のおすすめ年齢:5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

美しいみどり色のしっぽをしたライオンに会った赤い小鳥は、その日からライオンのそばをはなれません。小鳥はきれいな声でさえずり、ライオンはにっこり笑い…。「ことばがわからなくても、心は通じる…」思わず指で触ってみたくなるほど豊かな質感のある絵で彩られた、優しさに心躍る絵本。

ベストレビュー

言葉が通じなくても、心は通じ合える。

ある日、赤い小鳥はみどりの色のしっぽをしたライオンに出会った。
小鳥とライオンは言葉が通じなくても、いつもそばにいた。
次の日、ライオンのしっぽはだいだいいろをしていた。
その次の日は青。
その次の日は赤。
不思議に思う赤い小鳥は声をかけるけど、言葉通じない。
ライオンは微笑みかえすだけ。
その日の夜、嵐になった。
心配になったライオンは自分の洞穴に赤い小鳥を連れてくる。
くらい洞穴のなかは、暖かくていろんな色に輝いていた。
壁いっぱいに絵が描いてあったの。
緑色の森、だいだいいろのお花畑、青いみずううみ、そして、赤い小鳥。
ライオンはしっぽにきれいないろの汁をつけ、絵を描いていたの。
だから、しっぽの色が毎日違っていたんだね。

言葉が通じなくても、心は通じ合える。
ライオンの言葉はまったく書かれていないけど、ちゃんと伝わってくる。
心が温かくなる絵本です。
(ちびまるちゃんちの絵本箱さん -・絵本紹介サイト )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
803円
748円
1,320円
715円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
550円
1,100円
385円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

あかいことりとライオン

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら