話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

こぐまのチョウスケ

こぐまのチョウスケ

作: 劉郷英
絵: 張治清
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥418

「こぐまのチョウスケ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年11月

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

眠りから覚めておなかの空いたこぐまチョウスケは、森へ食べ物を探しに出かけます。木の実をとろうと木に登りますが落ちてしまい、ハチミツをとろうとして蜂に刺され、川で魚を捕まえようとしますが逃げられてしまいます。でも、川からあがると目の前に一面のとうもろこし畑。さっそくチョウスケはたくさんもぎ取りますが、家に帰り着くと1本しかありません……。こぐまとねずみの楽しいお話です。

ベストレビュー

ぼくって なんて うんが いいんだろう

こぐまのチョースケの「ぼくって なんて うんが いいんだろう」となんでもそう思える前向きな性格は、見習いたいと思いました。考え方で明るくなれるし、希望だって持てれると思いました。チョウスケの後に続くねずみさんたちに最後には、ご馳走になれてやっぱり運はよかったんですね。裏表紙のねずみさんたちもとうもろこしをご馳走になっててよかったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

劉郷英さんのその他の作品

チョウスケと とりのひな / チョウスケとおつきさま / ヨウヨウとルウルウのとうもろこし


絵本ナビホーム > > こぐまのチョウスケ

対談『ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん』

こぐまのチョウスケ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット