宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
こぐまのチョウスケ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぐまのチョウスケ

作: 劉郷英
絵: 張治清
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥380 +税

「こぐまのチョウスケ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

眠りから覚めておなかの空いたこぐまチョウスケは、森へ食べ物を探しに出かけます。木の実をとろうと木に登りますが落ちてしまい、ハチミツをとろうとして蜂に刺され、川で魚を捕まえようとしますが逃げられてしまいます。でも、川からあがると目の前に一面のとうもろこし畑。さっそくチョウスケはたくさんもぎ取りますが、家に帰り着くと1本しかありません……。こぐまとねずみの楽しいお話です。

ベストレビュー

すっごい前向き☆

4歳の娘が図書館から借りてきました。

朝起きてハチミツを食べようとすると蜂蜜がなくて、
木の実をとろうと木に登りますが落ちてしまい、
ハチミツをとろうとして蜂に刺され・・・

と、見ている私たちからしたら、
散々痛い目に遭ってるチョウスケくんなのですが、

目の前のいいものを見つけるたびに、
「ぼくってなんてうんがいいんだろう!」と喜びます。

素晴らしい☆
この、前向きな気持ちさえあれば、
どんなことでも乗り越えていけるよね!

なんだかとっても感動しました。
モノは感じよう、考えよう。
娘も私も是非こうして前向きに生きていけたらと思う一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子4歳)

出版社おすすめ


劉郷英さんのその他の作品

チョウスケと とりのひな / チョウスケとおつきさま / ヨウヨウとルウルウのとうもろこし



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

こぐまのチョウスケ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット