バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ぼくのりょこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのりょこう

作・絵: はしもと ひろひこ
出版社: 朔北社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ぼくはきのうたべられた……それから「ぼく」のりょこうがはじまる。
すがたを変えて、空をとび、とけてきえた。そして時が流れて「ぼく」は草になっていた。そのあとも、すがたを変えながら「ぼく」のりょこうはずうーっとつづいてゆく…。

ベストレビュー

飛行機旅行じゃなかったの?

 表紙には、不思議な主人公と飛行機。題名は「ぼくのりょこう」てっきり、飛行機での旅の話かなと思ったら、違いました。
 主人公はチーズで、それが飛行機のトイレでうんちとして流され、空から地面に落ち、踏まれたり、雨に流されながら、葉っぱの栄養になり、牛に食べられ、牛乳、チーズになって店頭に並び、また不思議な形の生き物に、買われて行く。
 言わば、食物連鎖を描いていたのです。パステル調の絵と、話しの展開の面白さに、息子はすぐに「もう一回読んで!」でした。
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

ぼくのりょこう

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット