おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おみやにいったらむしがいる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おみやにいったらむしがいる

作: 日浦勇
絵: たかはし きよし
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥757 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おみやにいったらむしがいる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

図鑑としての利用価値も高い

虫好きな息子のために、ある本屋さんで「お薦めの本は?」と訪ねたところ、この本を紹介してくれました。なんと日浦勇さんの本ではありませんか。日浦勇さんといえば昆虫,特に蝶の大家として有名な方でした。日浦さんが亡くなられて、早20年が過ぎようとしていますが、この様な形で日浦さんの書物にお目にかかれるとは思いませんでした。さらに絵は、ファーブル昆虫記などの絵も描かれている”たかはしきよし”さんです。この2人が造った絵本です。それだけで感動です。
内容は”お宮”で見られる昆虫を、散文詩的な文書で紹介しているものですが、虫の特徴を説明したページなどは図鑑としての利用価値も高いと思います。
タイトルの”お宮”とはチョットした森、最近では”ビオトープ(自然な状態で様々な生物が生息できる環境の最小単元)”と称する場所をイメージしているものと思われます。虫は買うものと思っている(都会?の)子供が増えているようですが、『ちょっとしたところを探せばどこにでも虫はいますよ』と言う日浦さんのメッセージが込められているような気がします。
(ジョバンニさん 40代・パパ 男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日浦勇さんのその他の作品

たらのき

たかはし きよしさんのその他の作品

わたし、くわがた / ちいさないきもの むし / うごく はう、のぼる、ゆれる くずの おはなし / ぼく、あぶらぜみ / ファーブル昆虫記 もんしろちょう / ファーブル昆虫記 こおろぎ



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

おみやにいったらむしがいる

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット