みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
タンゲくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タンゲくん

作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「タンゲくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784834011630

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

タンゲくんはのら猫です。ある日、ふらっとやって来て私の家に居ついてしまいました。ところが、昼間は私の知らないところへ勝手に行ってしまいます。いったい、どこへ……。

ベストレビュー

人相に悪い野良猫のダンゲ君

片山健さんの描く、野良猫のタンゲ君は、独特の力強いタッチで、なかなか迫力があります。だから、てっきり性悪のドラ猫親分の話だと思って読んだのですが・・・。片目を怪我した野良猫を家族の一員として、かわいがる優しく温かいお話でした。
タンゲなんて変わった名前ですが、名前の由来が、丹下座禅だなんて、なかなか渋い命名で笑ってしまいました。でも、子供には、よくわからないようでしたが・・・。
人相は、やたらと悪く、一見すると悪者の形相ですが、全然そんなことはなく、穏やかな性格のタンゲくんが、どうして片目になってしまったのか、最後まですごく気になしました。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

片山 健さんのその他の作品

とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん



「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

タンゲくん

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット