宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
このつぎなあに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このつぎなあに

  • 児童書
作: 山中 恒
絵: 栗田八重子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年09月
ISBN: 9784251006431

5歳から
ページ数:94ページ

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ばけるのがへたなたぬきは、いつもしっぱいばかりしています。でもおじいさんは、そんなたぬきが大すきです!

ベストレビュー

ほのぼのしみじみ童話

私の年代では、子どもの頃に読んだ人が多く、しかも私の大好きな一冊や思い出の一冊に挙げられることの多い本です。
初めて読んだ時から絵も本の大きさも変わらず、ページを開くと楽しさと共に懐かしさも感じられ、なんだか肩の力が抜けるような気がします。
ドキドキもあり、おかしさもあり、切なさもあり、ホロリとしてしまうところもありと、盛りだくさんに楽しめる、太鼓判を押してお勧めできる本です。

山奥で息子が迎えに来るのを待つおじいさんと、お腹がすくとやって来るたぬきの、ちょっとピントのずれた交流を描いた、ほのぼのとしたお話で、昔の人は、自然や動物達とこうやって上手に共存してきたのかなと微笑ましく感じながら読むことができます。

絵本から少し長めの物語に移行していく頃のお子さんに丁度良い本です。
読んであげるなら、幼稚園年長くらいからでも十分楽しめます。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子10歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

このつぎなあに

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット