貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼく みたんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼく みたんだ

作・絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥952 +税

「ぼく みたんだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子どもたちだけにしか見えないもの、な〜んだ?
街で山で、空に雲に、子どもたちが見つけた大好きな恐竜……イマジネーション溢れる絵本

ベストレビュー

サラッとした初夏の風のような作品です。

サラッとした初夏の風のような作品です。
「ぼく」はみたんだ。(ぼくが大好きな恐竜を!)
山と山の間で、水たまりで、たき火の中で、葉っぱのところに隠れている恐竜たちを!
少年の思いがすごくストレートに伝わってきて、余計なものが一切内この絵本、恐竜好きの上の子が喜んでいました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

ぼく みたんだ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット