もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
おめんのえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おめんのえほん

  • 絵本
作: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おめんのえほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989
ISBN: 9784924684492

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 安野光雅さんに3人目のお孫さんができました。おじいちゃんからの贈物は、やはり絵本です。

 お祭りの夜店で売っているお面が絵本にならないか、と安野さんと編者は知恵をしぼりました。そして生まれたのがこの「おめんのえほん」です。

 表紙はパンダの絵。目の玉のあたりがスポンと抜けて裏表紙を突き抜けています。裏表紙の目のところは、かぼちゃ。

 はじめに出てくるのは、熊です。次は、うさぎ。犬、チーター、狐、ライオン、猫、狼、猿、虎、コアラとつづきます。本体価格1200円ですから、1ヶのお面は100円足らず。

 安野さんのお孫さんの家では、みんなでとり合いで遊んだので、お孫さんたちの鼻のあとが、絵本にくっきりついてしまいました。

ベストレビュー

人間用の変装お面もついています。

動物のイラストの目の部分だけ、穴があいています。そう、おめんになるのです。
動物のイラストはとても写実的で、「チーター」や「とら」のページは、怖いを顔をそむける娘。
ちょっとおどろおどろしい顔で描かれている動物もあります。そうかと思うと、「うさぎ」や「こあら」はとても愛くるしく描かれていたり。穴を触って遊ぶことも出来ます。
そう「おめんのえほん」というからには、実際につけてみないといけまんせんね。最初と最後のページには人間用の変装おめんの絵が描かれていますので、ぜひ試してみてください。
(はんぶん×ずっこさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

おめんのえほん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット