ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
バニーはどーこだ? Let’s Find
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バニーはどーこだ? Let’s Find

作: ドロシー・クンハート
訳: 末吉 暁子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バニーはどーこだ? Let’s Find」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

パット・ザ・バニーは、さわって、感じて、遊べる、ファーストブックのシリーズです。
どこにいるの?
バニーを捜して、絵本の中でかくれんぼう遊び。
カーテンの陰、テーブルクロスの下、毛布の中?
さわって感じて遊ぶ、子どもの感覚や知覚を刺激するしかけ絵本。

ベストレビュー

かくれんぼしたバニーを探そう

「pat the bunny」シリーズです。今度はバニーがかくれんぼ。カーテンやテーブルの下を一つ一つ、のぞいて探していきます。ここにもいない。ここにもいない。
バニーはベットの中でおはなしをきかせてもらうのを待っていたのでした。
バニーを探す場所が、「いないいないばあ」の要領で、ひとつひとつ凝ったしかけになっています。テーブルクロスは、チェックのコットンだったり、ドアは、ダンボール素材の厚紙だったり、最後のバニーのベットのお布団は、やわらかい毛布素材だったり。
子どもはこうやって、ひとつひとつのしかけを触りながら、触感を確かめ、学んでいくのでしょう。
バニーを探しながら、視覚と触覚と両方楽しめる1冊です。

(はんぶん×ずっこさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドロシー・クンハートさんのその他の作品

さあ、はこをあけますよ! / しあわせなおばあちゃま / ぱたぱたバニー Pat the bunn / おにわで In the Garden

末吉 暁子さんのその他の作品

やまんば妖怪学校 1 こいぬのクンは一年生 / ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / 波のそこにも / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / ながぐつをはいたねこ / 新・ざわざわ森のがんこちゃん おばあちゃんのねがいごと



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

バニーはどーこだ? Let’s Find

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット