ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
あしたぶたの日ぶたじかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしたぶたの日ぶたじかん

  • 児童書
作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784265916283

小学校低学年向き
B5変型判 22.0×19.0 80頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あしたの日記で,笑いのうずにまきこんだ則安君。こんどは,かべ新聞作りに挑戦するのですが,またまた,ぶたがでてくるはめに……。

ベストレビュー

やっぱり面白い

やはりこのシリーズは面白いですね。
7歳と4歳に読み聞かせるにはちょっと長めの本ですが、最後まで飽きずに聞いていました。
それどころか、途中からグイグイと引き込まれていくのがわかりました。

読んでいると、子どもたちがどんどん近寄ってくるんです。

とっても男子的発想の絵本だと思います。
どちらかというとおとなしい、うちの子どもたちには無い発想で、
新鮮で面白いようです。

ぶたが登場する頃には、「なんだそりゃ〜」な展開の連続です。
それが、幼稚園〜低学年くらいの子には楽しいらしくて、声を出して笑っていました。

ある程度の長さのお話を聞けるくらいの年齢になったら、チャレンジしてほしい一冊です、
(solicaさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢玉 四郎さんのその他の作品

はれたまたまこぶた / はれときどきあまのじゃく / なりたいじんじゃ / はれときどきアハハ / ぶらんこぶーちゃん / このかおだ〜れ?



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

あしたぶたの日ぶたじかん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット