くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
マフィーくんとジオじいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マフィーくんとジオじいさん

  • 絵本
作・絵: 伊藤 正道
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マフィーくんとジオじいさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年4月
ISBN: 9784097272151

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人気画家・伊藤正道氏の楽しい夢の冒険絵本。
画家としてデビューして以来、描き続けている伊藤氏のキャラクター、マフィーくんとジオじいさんを使った絵本。飛ぶ家と一緒に色々な場所に出かける、夢いっぱいのストーリー。

ベストレビュー

今時の絵本って感じ!

長女が借りてきた絵本ですが、長男の趣味っぽい感じでした。(案の定、最近は絵本よりも、歴史マンガやお笑いテレビに夢中で、読み聞かせにもあまりつきあってくれなくなった長男が、珍しくかじりついて聞いてました。)
発明家のジオじいさんが、孫のマフィー少年と、空飛ぶ家で冒険します。行く先々で見られる光景が実に楽しい!不思議な魅力的な世界が繰り広げられます。(渡り犬に出会ったり、なつかし屋に入ったり、グレートベアーズというくまばかりのチームと野球をしたり・・・)

文章も、絵文字がビシバシ使われていて、ちょっと読むのにとまどいましたが、現代っ子たちには、すんなりと受け入れられてしまうのでしょうね。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


伊藤 正道さんのその他の作品

マフィー&ジオ 空とぶレシピ / まだかな まだかな / じどうしゃアーチャー / マフィーくんとジオじいさんふしぎなぼうし / ゆきダルムくん / 僕への小さな旅



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

マフィーくんとジオじいさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット