宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
しましまゼビーキャンプにいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しましまゼビーキャンプにいく

作: ブライアン パターソン
訳: ほむらひろし
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しましまゼビーキャンプにいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月5日
ISBN: 9784001108699

3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ゼビーは元気なしまうまの男の子.こわがりやのバーティーといたずらっ子のマックミーアと大のなかよしです.ある日3人は,森の奥へはじめてのキャンプにでかけました.テントをたてて,ワクワク,ドキドキ.ところが夕暮れどきどこからか不気味な音がきこえてきました.

ベストレビュー

キャンプのワクワク感が楽しめるよ

どろんこがわの さんにんぐみ

しまうまのゼビー・ほろほろちょうのバーティー・ミーアキャットのマックミーア この三人の組み合わせがなかなかおもしろいな〜

おばあさんからもらった テントをもってキャンプに行くのです

さあ いよいよテントをはって テントの中に入って影絵の世界がおもしろい なにかしら ワクワク感が出てくるんですこの描き方が
色合いも綺麗でいろんな動物のかげもあって お月様がでてきたり
キャンプの楽しさ感じられます

あっ! こわい〜   どしん どしんと やってきたのは?

ちょっぴり こわさも      あ〜   
そうだったんだ 三人の仲間におおきなおおきな  なかま 

それは絵本を読んでのお楽しみで〜す!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

ブライアン パターソンさんのその他の作品

しましまゼビーのたからさがし

ほむらひろしさんのその他の作品

おんなじほしをみつめて / ぼくたちの春と夏と秋と冬 / はなおとこ / MR.HAPPY ハッピーくん / LITTLE MISS LUCKY ラッキーちゃん / MR.BUMP ドジドジくん



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

しましまゼビーキャンプにいく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット