雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
びっくりビック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びっくりビック

作・絵: ふせわかこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥380 +税

「びっくりビック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月

対象年齢 4才から5才向き
こどものとも年中向き 2002年10月号

出版社からの紹介

猫のビックは、脅かすのが大好き。びっくりすると、うひゃひゃひゃひゃあ〜と大喜び、どんどん大きくなっていく。ある日、いたずらが過ぎてお巡りさんにつかまって牢屋に入れられてしまいます。でも、脅かせないで、やせたビックはするりと牢屋から脱出。困った署長さんはビックにいいます。ヒックのところに行きなさい! さてヒックって、どんな人?ビックはしかたなくヒックのところに。さてどうなる?

ベストレビュー

うひゃひゃ、おもしろいよ〜

長男が幼稚園の時にもらってきた本ですが、娘も次男も大好きです。
ビックのいたずらも面白いし、人をおどろかした時のうひゃひゃという会心の笑いも子ども達には大ウケ。そして人をおどかすことが出来ない時のビックのげっそりとした姿とのギャップが、また面白いのです。

我が家では、ひょろひょろになったビックが町に出て、
  「ああ・・・・おどかしたい」
  「でも、がまん がまん」
  「うう・・・・おどかしたい」
  「でも、がまん がまん」
と言いながら ふらふら歩いていくところで一番笑いが起こります。
人をおどかしたいのに、一生懸命我慢している姿が妙に共感と笑いを呼ぶようです。

最後は、いい具合に収まります。人をおどかして楽しんでいるとひどい目にあいますよという変に教科書的な終わり方にしなかったところがとてもいいですね!
ビックも自分の楽しみを封印することなく、暮らすことができて本当に良かったです。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



第12回 『あったかいな』の片山健さん

びっくりビック

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット