もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
老ピエロ レオ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

老ピエロ レオ

作: マリアナ・フェドロバ
絵: オイゲン・ソプコ
訳: 河口悟
出版社: ノルドズッド・ジャパン

本体価格: ¥1,400 +税

「老ピエロ レオ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

生きがいを失った道化師レオに輝きをよみがえらせたのは、二匹の小さなねずみでした。
サーカスの人気者、レオ・マシーニは、いつも舞台に立つと、とびきりの芸と冗談で観客をわかせていました。けれど、ある晩、レオはこれまでにない疲れを感じ、サーカス団を後にする決意をします。

老ピエロ レオ

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
サーカスの人気者・道化師のレオは、ある日これまでにない疲れを感じサーカス団を 辞める決意を固めた…。人は誰でも老いる。仕事に引き際があるのも分かる。でもな んだか虚しい。そんな生きがいを失った道化師に輝きをよみがえらせたのは、 二匹の小さなねずみだった。現役を退く老ピエロの肉体的・精神的衰えを正直に描き ながらも、後進を育てることで新しいステージへ向かうモチベーションを獲得したレ オの喜びが胸に迫る絵本。核家族社会で老人とコミュニケーションの少ない現代の子 どもはもちろん、介護問題が間近に迫る僕らの世代にとっても、隅に置けない一冊だ。

ベストレビュー

寂しくて、温かい

道化師と聞くと、華やかな芸とはうらはらに
なんだか寂しいイメージが浮かびます。
現役を引退した「老ピエロ」となると、いっそうのこと。

だけど、見ていてくれる人はいます。
必要としてくれる人もいます。
違う形で、道を開くことができます。
ほっと、温かい気持ちになる展開でした。

この柔らかなタッチの絵が、
物悲しい雰囲気も、温かい思いも見事に表現しています。
道化師同様、主役ではないかもしれないけど、
心に染み入る絵本です。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

オイゲン・ソプコさんのその他の作品

くろねこピーポー

河口悟さんのその他の作品

かえるのフリッツ Puups!



『ドームがたり』読み聞かせレポート

老ピエロ レオ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット