宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり

作: トミー・デ・パオラ
絵: ゆあさ ふみえ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年9月
ISBN: 9784593501540

ベストレビュー

はたらきもの

結婚するのに持参金が必要なのにヘルガは持参金を持っていなかったために恋人のラースが他の人にこころがわりしてしまったのは悔しいですね。働き者で頭が良かったヘルガはいっぱい仕事をして持参金を自分の手で稼ぎ出したのです。
持参金のおおさにラースがきて結婚してほしいといったけど
ヘルガはラースのことが信じられなくなっていたのです。
持参金目当てなのが良くわかっていたからなのですね。
ヘルガそのものにすっかりほれてしまったのは王様でした。
財産はしっかりもっているので持参金目当てではなく純粋に好きになったのでしょう。
ヘルガは本当の愛を手にいれたんでしょうね。
持参金があるかないかではなく
その人をどれくらい愛しているかが大切なんだということが
よくわかりました。

(だいちゃんのママさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トミー・デ・パオラさんのその他の作品

さあ、しゃしんをとりますよ / おいっちにおいっちに / しかけ絵本 まほうつかいのノナばあさん / トム / ジェイミー・オルークとなぞのプーカ / ジェイミー・オルークとおばけイモ

ゆあさ ふみえさんのその他の作品

メイヴィスのふしぎな赤ちゃん / エリック・カールの動物さんぽ / ボートがしずんだの、だれのせい? / 戦争ゲーム / サンタさんへのてがみ / アンソニーとまほうのゆびわ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット