宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ヒマラヤのふえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒマラヤのふえ

ベストレビュー

幻想的な世界

昔々、ヒマラヤの谷あいに夫婦が住んでいました。
2人の生活は苦しかった。
ある時訪ねて来た老人に食事を与えると、お礼にと竹の笛をくれました。
その笛は魔法の笛でした。ところが、、、

インド民話らしいとても不思議なお話です。
幻想的な世界を描いた絵が魅力です。
話的には、少しながめの物語なので、小学校に入ってから読ませるのが良いかと思います。
(KANSAMAさん 30代・パパ 女の子2歳)

出版社おすすめ


A.ラマチャンドランさんのその他の作品

10にんのきこり / おひさまをほしがったハヌマン / まるのうた

きじま はじめさんのその他の作品

くいしんぼうのあり / まりーちゃんとおおあめ



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

ヒマラヤのふえ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット