あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
いつかどんぐりの木が
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつかどんぐりの木が

  • 絵本
作: イヴ・バンティング
絵: ロナルド・ハイムラー
訳: はしもとひろみ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いつかどんぐりの木が」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784265068029

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

春真っ盛りのある日、道端の1本の木が突然枯れ始めた。アリスの家族や町の人々は、木の助けようと、けんめいの努力をはじめるが…。土壌汚染という切実なテーマを静かに提起した絵本。

ベストレビュー

未来への希望

まず、絵が素敵っていうのが第一印象でした。穏やかな風がこっちにまで吹いてきそうな、大きな木と草原。そして親子。この表紙の絵を見た時点で、素通りはできませんでした。
家族だけでなく、みんなに愛されていた大きなどんぐりの木。ある日異変に気づいたのは、その家の娘であるアリスでした。
調べた結果、木の根元に化学薬品がまかれたらしい。そのせいで木がどんどん弱っていくのです。
周囲のみんなのたくさんの協力を得て木の快復を祈りましたが、その願いは届かず。木は生きる力をついになくしてしまいました。
そんな絶望的な状況を知ったアリスがとった行動。それが、いつも集めていたどんぐりの実を埋めることでした。そんな悲しい状況でも、未来への希望を自分で見出したアリス。自分で出来ることを見つけたアリス。本当に凄いって思います。「いつかどんぐりの木が」・・・お願い。祈りよ届いて。
本を閉じたあとも、しばし動けず、ストーリーから抜け出せないような余韻が残っていました。この本は、読み聞かせというよりは、子供自身が自分で読むことで何かを感じてほしいと思いますね。小学生くらいになったら薦めてみたいです。
(環菜さん 20代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イヴ・バンティングさんのその他の作品

くまふうふのバレンタイン / 夜がくるまでは

ロナルド・ハイムラーさんのその他の作品

バラ咲くじゅうたんのあるところ

はしもとひろみさんのその他の作品

スモーキーナイト ジャスミンはけむりのなかで



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

いつかどんぐりの木が

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット