だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
オリビア…ときえたにんぎょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オリビア…ときえたにんぎょう

作・絵: イアン・ファルコナー
訳: 谷川 俊太郎
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「オリビア…ときえたにんぎょう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784751522615

対象: 幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかうところ敵なし!のオリビアに悲劇が・・・!?
お気に入りの人形をなくしてしまったオリビアは、家中を探しまわります。嵐の夜、真っ暗な部屋でオリビアが見たものは・・・。

ベストレビュー

やったぜオリビア

オリビアはどこにでもいるような、でも身近にいたら真っ青になってげんなりしてしまうような女の子。
だって、サッカーのユニフォームがみんなとおんなじだからといってお母さんに(きっと)好きな赤色の物を縫わせるのだもの。お母さんが縫ってしまっているのもよく分かる。このタイプの子とつきあうには、よほどおかしいことを言ってない限り、ハイハイとつきあうのが一番無難なのだよな。違うユニフォーム着て行けば、きっとコーチが怒る。それならきっとオリビアも聞いてくれるからね。

さて、このシリーズは保育園で大人気。
今回のオリビアはお母さんに色違いのユニフォームを縫わせせてる間に、片時も離さない人形(ピエロ)さんがいなくなってしまう。家中を探し、もちろんいつもオリビアの被害を受けているネコの下も探したけど、見つからない。
弟のウィリアムに聞いても、らちが明かず。
がっくりきてピアノの練習をしている時、何か物音が聞こえてきて、行ってみると!!!

みつかった人形をオリビアがどうするか…というところがこの本の見所かもしれません。
やはりオリビアただものではありません。
オリビアに、新しいのを買ってやろうと言ったお父さん。それを聞いたの時のお母さんの表情ったら!!こどもたちはこんな所をよく見て喜ぶんですよね。表紙も何か恐ろしげで、期待することの上手くなった3才くらいから充分楽しめます。
(ひだまりピッピさん 40代・せんせい 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イアン・ファルコナーさんのその他の作品

オリビア クリスマスのおてつだい / オリビア バンドをくむ / オリビアかぞえる / さかさまオリビア / オリビア サーカスをすくう / オリビア

谷川 俊太郎さんのその他の作品

でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

オリビア…ときえたにんぎょう

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット