雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
海は広いね、おじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海は広いね、おじいちゃん

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年03月
ISBN: 9784871100311

出版社からの紹介

子どもは変身願望で頭がいっぱい。そんな元気な男の子と、淡々としたおじいちゃんとのかみあわない会話が何ともおかしい作品。そして男の子がどんなことを言っても振り向かなかったおじいちゃんが、初めて振り向いた時は、思わずニヤリです。
親子、兄弟、友達など子どもをとりまく人との関係はいろいろですが、おじいちゃんと孫の関係は、言葉は多くないけれど特別なものかもしれません。まだ小さくても「ぼくとおじいちゃんは男同志なんだ」という、かわいい意識を感じさせる元気でスケールの大きい絵本です。

ベストレビュー

おじいちゃんのとぼけた感じ

海に来ている孫とおじいちゃん。海辺で遊ぶ孫、でもおじいちゃんは背を向けて本を読んでいるので、孫とは言葉のやりとりのみ。

展開していくことは、読者には絵でわかっていて、おじいちゃんにはわかっていないのがおもしろさを感じる一つでもあります。

高学年向けに向く読み聞かせリストの本で見かけたのですが、園児さんぐらいから楽しめそうな本です。

おじいちゃんの読んでいる本に注目するとまたおもしろいです。SF的な進行もまた楽しい。

何にせよ、絵をしっかり見るとおもしろさが増しそうです。おじいちゃんのとぼけた感じがまたいい味わいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ / 五味太郎 絵本図録 / くじらだ! / きみはしっている



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

海は広いね、おじいちゃん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット