もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
うっきうっき○モンキー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うっきうっき○モンキー

作・絵: くぼきりえ
出版社: アスラン書房

本体価格: ¥760 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うっきうっき○モンキー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

南の島のジャングルにすむモンキーたちは、お日さまといっしょに起きて、おいしい食事。おなかがいっぱいになったら、川で水遊び。ときには、けんかもするけれど、すぐに仲直りして、愉快に うっき うっき。鮮やかな色彩と、弾むリズムがいっぱい。

ベストレビュー

南の島の穏やかな1日

この絵本は、21世紀を生きる子供たちとご両親に送る心の絵本シリーズです。(と、扉絵の裏に書いてありました。)
それを読んで、どんなものかな?と、借りてみました。
お話は、南の島に住んでいるおさるたちの1日を描いたものでした。
太陽とともに起き出して、食べたり遊んだり、けんかしたり…。
そして、お月さまが出る頃には眠りにつく。
何もない大自然の中で、仲間と暮らす穏やかな1日が、読んでいてほのぼのしました。

(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

うっきうっき○モンキー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット