あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
オオカミだぁ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミだぁ!

作・絵: サーラ・ファネリ
訳: 掛川 恭子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オオカミだぁ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ひっこみじあんのオオカミくん,ある日勇気をだして,みんなと友だちになりたいと町に行くのですが….昔話や童話の中のオオカミのイメージを見事にひっくりかえした,若い作家のユーモアあふれる絵本.

ベストレビュー

「怖いもの」の代名詞から…

最近、オオカミというキャラクターを通して、「人を見た目で判断しちゃいけないよ」って、テーマを持っている作品が多く出てきたような気がします。
「オオカミや恐竜」など、一昔前には、「怖いもの」の代名詞で、絵本や物語に登場していた彼らも、時代とともに見直されてきたようですね。(これは素晴らしいこと。だって、何にもしていなくても、オオカミであるだけで、悪にされてしまうなんて、かわいそうですもの!)
この絵本も同様のメッセージを感じました。
最後には誤解も解けて、町の人たちと仲良く慣れたオオカミ。(誤解が解けるところが、ちょっと安易に描かれている気がしましたが)
子供と一緒に安心しました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

オオカミだぁ!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット