だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふたりでまいご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりでまいご

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784198614843

小学校低中学年から

出版社からの紹介

あたしは、世界一のおねえちゃん。おとうとも、世界一のおとうと…のはず。だから、まいごになってもだいじょうぶ。ぜったいおうちに帰るんだから! でも道を教えてくれる連中は、みんなたよりにならなくて…? 元気で仲よしの姉弟のちょっと変わった冒険を独特のユーモラスなタッチで描く幼年童話。

ベストレビュー

てれび絵本をきっかけに。

てれび絵本で、「ごきげんなすてご」シリーズにはまった長女が、続きを知りたくて借りてきました。どこにも「ごきげんなすてご」とは書いてないので、これはシリーズとは違うのかもしれないけど、登場人物からすると、少し大きくなったおねえちゃんと、だいちゃんなので、やっぱり後日談なんだと思います。

世界一のおねえちゃんになりつつあるあたしは、おとうとも世界一のおとうとにするために、おとうとをセンジンノタニに突き落とすことにした。そこから、ひとりではい上がってこれるくらい、知恵と力と勇気のあるおとうとでなくっちゃ!
ところが、自分もいっしょに迷子になってしまったおねえちゃん。無事お家に帰れるのでしょうか?

絵本というよりは、挿絵も字もたくさんある童話ですが、ストーリーのおもしろさと、会話調の語り口で読みやすく、アッと言う間に読めてしまいます。
小学生になれば、自分でも読めると思いますが、お話のおもしろさを味わわせるには、やっぱり大人が読んであげた方が楽しめると思います。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ふたりでまいご

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット