もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
きんぎょのおつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんぎょのおつかい

作: 与謝野晶子
絵: 高部 晴市
出版社: 架空社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きんぎょのおつかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784906268610

ベストレビュー

与謝野晶子さんのイメージがかわる!

文を書いたのがあの与謝野晶子さんというのでびっくり!
内容を読んで、またびっくり!同姓同名の別人が書いたの?と思うくらい、
与謝野晶子さんのイメージが変わりました。
なにしろ、金魚をおつかいにやろうという発想ですからね(笑)

おつかいを頼まれた3匹の金魚は甲武線の新宿駅につきました。
切符をもらおうとしますが、駅夫(駅員)さんに
「お手がないからあげられません」と断られます。

え?そこなの??って思いませんか?

切符無しで電車に乗る事を許された金魚たち。
しかし、電車に乗って慌てる金魚。
車掌さんも駅夫さんも駅長さんも飛んできます。
そこで金魚はこんな事を言います。
「水がなくて苦しいから電車に水を入れてください」

おいおい、今まで平気だったじゃないか・・。
駅まで歩いてきたんじゃないのか?
と、つっこみたくなります。

初めから10ページでこんなに面白い展開。
絵もとっても素敵でお気に入りの一冊になりました。
小さな子どもさんには文章が長く、言葉が難しいので
是非ご家庭でわかりやすい言葉に代えて読んであげて欲しい絵本です。

(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

与謝野晶子さんのその他の作品

詩 こころをゆさぶる言葉たちよ。 / 芸術するのは、たいへんだ!? / 三匹の犬の日記 / 百年文庫(62) 嘘 / こけ子とこっ子

高部 晴市さんのその他の作品

しゅん / ニャントさん / ペッタン / あんちゃん / さかさことばのえほん / トロトロトローリ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

きんぎょのおつかい

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56




全ページためしよみ
年齢別絵本セット