ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい

作: 与謝野晶子
絵: 高部 晴市
出版社: 架空社

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「きんぎょのおつかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784906268610

ベストレビュー

与謝野晶子さんのイメージがかわる!

文を書いたのがあの与謝野晶子さんというのでびっくり!
内容を読んで、またびっくり!同姓同名の別人が書いたの?と思うくらい、
与謝野晶子さんのイメージが変わりました。
なにしろ、金魚をおつかいにやろうという発想ですからね(笑)

おつかいを頼まれた3匹の金魚は甲武線の新宿駅につきました。
切符をもらおうとしますが、駅夫(駅員)さんに
「お手がないからあげられません」と断られます。

え?そこなの??って思いませんか?

切符無しで電車に乗る事を許された金魚たち。
しかし、電車に乗って慌てる金魚。
車掌さんも駅夫さんも駅長さんも飛んできます。
そこで金魚はこんな事を言います。
「水がなくて苦しいから電車に水を入れてください」

おいおい、今まで平気だったじゃないか・・。
駅まで歩いてきたんじゃないのか?
と、つっこみたくなります。

初めから10ページでこんなに面白い展開。
絵もとっても素敵でお気に入りの一冊になりました。
小さな子どもさんには文章が長く、言葉が難しいので
是非ご家庭でわかりやすい言葉に代えて読んであげて欲しい絵本です。

(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学詩歌 > きんぎょのおつかい

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

きんぎょのおつかい

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット