だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おさるはおさる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさるはおさる

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784061978256

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

好評「おさる」シリーズ第2弾!
南の島にすむおさるの少年は、友だちも家族もみんなおさる。ある日、カニが耳をはさんではなれなくなりました。自分だけみんなとちがうなんて、いやですが……

ベストレビュー

人と違ったって、気にしない気にしない。

長男と長女はてれび絵本で、私はルラルさんのシリーズで、すっかりいとうひろしさんにはまってしまいました。
いつもは、図書館の絵本コーナーしか行かないのですが、少し離れた児童書コーナーに行って、さがしてきました。
この「おさるのまいにち」シリーズもいっぱいあるのですね。
小学1年生からの童話シリーズということで、字も大きく、1ページに1〜3行しか書かれてないので、子どもでもたやすく読めてしまうと思います。(それでも、あえて読み聞かせてやると喜びますよ。そう言えば、長男長女の通う小学校で、先日読み聞かせの会があり、高学年に読んでくれたあと、「最近、本を読んでもらったことがある人?」と聞かれた長男、誰も手をあげなかったので、自分も恥ずかしくてあげなかったと言ってました。堂々と手をあげれば、みんなからうらやましがられたかもしれないのにね〜?・・・また脱線してしまった。)

さて、本題に・・・。
南の島に住んでるおさるのぼくに、ある日強情者のかにがくっついてしまい、ぼくひとりだけかにみみざるになってしまったようで、あれこれ悩みます。すると、おじいちゃんがきて、こどもの頃の話をしてくれます。え?おじいちゃんは、昔たこしっぽざるだったの?
なんだかフフフと笑ってしまう繰り返しが楽しいです。

そう、他のさるとはちがってもおさるはおさる。
これは、人間界でもおんなじこと。
人と違ったって気にしない、気にしない。自分らしさを大切にしよう、というメッセージかな?
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

おさるはおさる

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット