モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
はらぺこガズラー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はらぺこガズラー

作・絵: ハアコン・ビョルクリット
訳: かけがわやすこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784593500734

この人もおすすめしています

【辰野町立図書館 吉澤さん】 
 何でも食べちゃう(人間だって!)ぶちねこ、なまえはガツガツ・ガズラー。何か食べるたびに、ガズラーが大きく、ふてぶてしくなっていきます。いくら食べてもおなかいっぱいにならないガズラー、食べ物を求めてさすらったあげく、お日さまをたべようとして・・・。お話の終わり方に、子どもも、納得そして満足。なにより絵の力強さに圧倒されます。構成や色使いの見事なこと。ガズラーの食べたものがそのたび繰り返され、ことばのリズムも楽しめます。見返しに、ミルクを飲むガズラーの後姿が描かれています。大きいけれどキュートなお尻。「ここは嗅がないほうがいいよ、臭いから」とは、息子からのアドバイスです。

ベストレビュー

思わずにやり

なんでもガツガツ食べちゃうガズラー。
ユーモラスな姿に、にやりとしてしまいます。
子どもの頃読んだのですが、なんでも食べる私達兄弟を、母が「ガズラー」と読んでいました。
いまだに、それが話題になるほど。
なかなか、インパクトのある一冊です。
(ジャムおばさん 20代・せんせい 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かけがわやすこさんのその他の作品

せかいいちゆうめいなねこ フレッド / コーラルの海 / ほね、ほね、きょうりゅうのほね / ヘスターとまじょ / せかいいちゆうめいなフレッド / ピーター・ペニーのダンス



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

はらぺこガズラー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット