大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
くまさんにであった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまさんにであった

作: 森山 京
絵: 西巻 茅子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

「くまさんにであった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784032047509

対象年齢:3・4歳から

出版社からの紹介

ひとりで森にでかけた女の子が、くまさんと出合い、森の中で楽しく素敵な時間を過ごします。森へ行ってみたくなるような絵本。

ベストレビュー

最初は違和感があったけど・・・。

長女の国語の教科書でお馴染みの森山京さんと、「わたしのワンピース」で有名な西巻茅子さんの絵本です。

有名な童謡「もりのくまさん♪」を連想しちゃう題名ですね。
森の中でくまさんに出会った女の子が、森の中を案内してもらい、くまさんのともだちに会ったり、木にぶらさがったり、お家にお呼ばれして、くまさんの家族と楽しいひとときを過ごすというお話。

最初、くまさんだけが一方的にしゃべり、女の子がしゃべらないことに違和感を覚えたんだけど、何度か読んでるうちに、やっぱりくまさんに会ったらちょっとこわくて声が出なかったのかも・・・?と納得するようになりました。
くまさんの家で、女の子が歌うシーンがあって、「きみのこえをはじめてきいたよ。」という一文が光ってますね。
この次会ったら、きっとふつうにおしゃべりできるんでしょうね。

(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

ひっこしをしたかばのこカバオ / 大きくてもちっちゃい かばのこカバオ / なかよくなれたね / とんだ、とべた、また、とべた! / りんごの花がさいていた / いのちの木

西巻 茅子さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない / みてよ ぴかぴかランドセル



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

くまさんにであった

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット