貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
くるみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くるみ

作・絵: 阿部肇
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「くるみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784751519974

対象: 小学校低学年程度

出版社からの紹介

ゆうたの家のくるみの木。家族みんなで大切にしてきたのですが、ある日おばあちゃんの部屋を庭に作ることになって…。悩んだ末に決めたゆうたの心。そしてゆうたとおばあちゃんが向かった場所は…。

ベストレビュー

命のつながり

ゆうたが生まれる前に芽を出した川原で拾ってきたクルミ。
庭に植えられてゆうたと一緒に育っていました。
それが田舎からおばあちゃんが出てきた一緒に住むことになり
くるみのきを切ることに。

とても命のつながりを感じる本でした。
おばあちゃんからお父さん、そして僕。
川原のクルミの木から落ちた実が自分の家で木になり
そしてまたその実を川原に埋める。
色のない版画の挿絵なのですが、とてもあたたかいおはなしで
子供と一緒に感動してしまいました。
色々なものとのつながりに気づきとおばあちゃんを敬う気持ちを持って
ゆうたが成長していく姿が大きく感じました。
(リーパンダさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

阿部肇さんのその他の作品

ゆうだち / かまきりおばさん / はじめてのがっこうたんけん / どろんこしたっていいじゃない / いじっぱりタックのほんとう?ぼくがいちばんなの? / まぼろしの白いクマ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

くるみ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット