宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
だいきらい だいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいきらい だいすき

作: やすい けいこ
絵: 黒井 健
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だいきらい だいすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

こねこのみーたは、やきもちやき。のこちゃんのかわいがっているくまのぬいぐるみにしっとして、くちにくわえておもいっきりほうりなげてしまいます。でも、くまをさがして泣きだしたのこちゃんに、みーたの心は…。

ベストレビュー

やきもちから困らせてしまうお話

息子が、4才の時にはじめて読んだ絵本ですが、もっともっと早く出会って読んであげたかったなと思いました。読んだあと、とっても優しい気持ちになれるし、もっと小さい年齢でも充分理解出来るお話です。こねこのみーたの気持ちは、子供だって、誰でも抱いていることと思います。だから、子供の心理と重ねて読むと、また、面白いのかも知れません。
小さい子が、読み手のお膝の中で、ゆったりした気分で読むのに、もってこいの作品と思いました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

黒井 健さんのその他の作品

こすずめとゆき / まんまるねんね / ひとりぼっちのつる / ゆめのふね / 紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

だいきらい だいすき

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット