ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
クリスマスのまえのばん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのまえのばん

  • 絵本
作: クレメント・C・ムーア
絵: ウィリアム・W・デンスロウ
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年10月25日
ISBN: 9784834013702

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

おはなし

 クリスマスの前の晩、ひっそりと静まりかえった家の中は何ひとつ動きません。子供たちはベッドの中ですやすやと眠り、砂糖菓子の夢を見ています。母さんも、父さんも冬の夜の眠りについたところです。……その時です、とてもにぎやかな音が外から聞こえてきました。父さんはベッドから跳ね起き、窓辺にさっと駆け寄りました……。

みどころ

 「クリスマスの前の晩のことでした」で始まるクレメント・ムーアの物語詩。1822年のクリスマス前夜、ムーアは子供たちを喜ばせようと『セントニコラスの訪れ』と題する詩を書き、この詩が後に『クリスマスの前の晩』(T was The Night Before Christmas)としてよく知られる米国の古典となりました。今でもクリスマスが近づくとあちらこちらで耳にする口承詩には、クリスマス前夜のワクワクした喜びと不思議な神秘が満ちています。
 イラストは1902年、『オズの魔法使い』の挿絵で知られるウィリアム・W・デンスロウが姪のために描き上げたもの。ちょっぴり劇画風でコミカルなスタイルは、100年前の作品とはいえ逆にモダンな印象を与えます。
 時代を感じさせる丁寧な布の装丁からは、作り手のまごころが伝わってきます。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

クリスマスの前の晩、家中がしんと寝静まったころ、外の物音で目が覚めた父さんが窓を開けると、空にセントニコラス(サンタクロース)のそりが……。アメリカのクリスマス絵本の古典。

ベストレビュー

コミカルでサービス満点の絵が楽しい

クレメント・ムーアの「クリスマスのまえのばん」は、いろんな人が絵本にしているクリスマス絵本の定番でしょうか?
訳の違いも面白いのですが、原詩を見ると、渡辺茂男さんの訳が一番オリジナルに近いように思います。
そして、このデンスロウ版の特徴は何といっても絵の楽しさでしょう。
サービス満点で、クリスマスが楽しくなると思います。
サンタクロースのコスチュームがグリーンなのも、何だか新鮮です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クレメント・C・ムーアさんのその他の作品

クリスマスのまえのよる / クリスマスのまえのよる / 聖ニコラスがやってくる! / クリスマスのまえのよる / クリスマスのまえのばん / サンタクロースがやってきた

ウィリアム・W・デンスロウさんのその他の作品

オズの魔法使い

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

クリスマスのまえのばん

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット