雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
なみにゆられてぽん 改版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なみにゆられてぽん 改版

作: 関屋 敏隆
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

「なみにゆられてぽん 改版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

楽しい川くだり

小さなオケに乗って川くだりを楽しむたぬきのゴロン太とかえるのケロスケのお話です。
山々の間を流れる小川の流れに乗って、♪どんぶらこっこ♪どんぶらこ♪と
見開き2ページに渡ってゴロン太が川くだりを楽しんでいるシーンで始まります。
この先何が?と期待に胸を躍らせる事まちがいありません。
・・・しかし、私は期待しすぎてしまったのかあとの展開は今ひとつだったかな〜と思いました。
ゴロン太は表情豊かで面白かったのですが、かえるのケロスケは表情の変化が少なく、たくさんのかえるの中にいるシーンはケロスケはどこ?
と探したくらいです。
もしかしたら、それも作者の意図なのかもしれませんが・・・。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

出版社おすすめ


関屋 敏隆さんのその他の作品

りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / シーカヤックで いこう / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / 楽園 知床に生きる人びとと生きものたち



第12回 『あったかいな』の片山健さん

なみにゆられてぽん 改版

みんなの声(1人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット