雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
おさるのまいにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさるのまいにち

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784061978225

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さな島のさるたちの、のどかな毎日。
ぼくはおさるです。毎朝起きるとおしっこをして、ごはんを食べて、遊んで、のみとりをして、ひるねして……あっ、うみがめのおじいさんが、およいできた!

ベストレビュー

平和がいちばんだと伝えたい

前回読んだ「おさるはおさる」、実はシリーズ第2弾で、こちらが第1弾だったのかと、借りてきました。

南の島に住んでるおさるの、平和で平凡な毎日が書かれてます。
朝、おひさまがのぼると目をさまし、
おしっこをして、ごはんを食べます。
毛づくろいをして、木登りをしたり、
かえるなげをしたり、水浴びをしたりして、
夜になったら眠ります。

そんな毎日の繰り返し。でも1年に1度か2度、特別な日がやってきます。さーてどんな日なのでしょうか?

効果的にカラーで描かれた絵が魅力的です。

物騒な事件が相次ぎ、戦争が終わっても平和が訪れない今という時代だからこそ、子どもたちに、平和がいちばんだと伝えたい、
そんなメッセージを込めて読んであげたい1冊です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

いとう ひろしさんのその他の作品

へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

おさるのまいにち

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット