もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぽんぽん山の月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽんぽん山の月

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 渡辺 洋二
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

母うさぎが猟師にうたれたとも知らず、子うさぎたちは帰りを待っている。「おなかがすいたよう」その声を聞いたやまんばは……。

ベストレビュー

じわ

国語の教科書でお馴染みのあまんきみこさんの文とたまたま同じクラスの友人のご親戚である渡辺洋二さんの絵なので読んでみました。
大きなまんまるお月様と可愛らしい子ウサギの表紙ですが、読み終わるとあたったかいお月様と愛おしい子ウサギに見えてくるから不思議です。ポンポン山にお月様が登ります。お腹を空かせた子ウサギが見上げると母さんウサギがお月様でおもちをついている様子。その様子を恥ずかしがり屋のやまんばが見て、ひょっとしたら猟師に打たれたウサギを思い出すのです。そして・・・何とも切ない、もの悲しさとあったかいまんまるいお月様が、やまんばの心遣いが、秋風の子の優しさが、そおっとそおっと心に染みいってくるお話でした。秋の夜長の1冊にお勧めです。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

渡辺 洋二さんのその他の作品

そうちゃんはおこってるんだもん / こいぬをむかえに / 渡辺洋二の島・ふとんかいすいよく / ぼっちたちの夏 / 雨の日の午後 / だっこの木



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぽんぽん山の月

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット