となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
サザンちゃんのおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サザンちゃんのおともだち

  • 絵本
作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1973年
ISBN: 9784032060904

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サザンちゃんの家から学校への道には、森や川があります。彼は毎日学校から帰ると、その日の勉強やでき事を森の動物に話します。

ベストレビュー

親子の好みは同じにならない

私が子どもの頃に持っていた本です。
かこさとしさんの本にしてはつまらない、と思っていたことを覚えています。

ところが、息子に読んであげたところ、大のお気に入りになってしまいました。イチタスイチハ?ニ!と数も数えられないうちからノリノリでサザンちゃんの授業に参加していました。

出会った年齢のせいなのか男女の違いか単なる好みか・・。
親子でも違う人格なんだもんなぁ、と意識した最初の本でした。

何にせよ、小さい子どもにも受ける要素が満載の作品だと思います。

いろんな種類の動物の子どもたちが出てきて、小学一年生くらいのサザンちゃんに勉強を教わります。最後は踊り比べで一等賞になり、おいしいものをたくさんもらってみんなで食べます。

動物大好き、学校ごっこ大好き、先生になって教えるの大好き、おいしいもの大好き・・・と、子どもの大好きがつまっています。
(にしがはちさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

サザンちゃんのおともだち

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット