もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
しあわせいっぱい荘にやってきたワニ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しあわせいっぱい荘にやってきたワニ

作: アーシュラ・ウィリアムズ
絵: 堀川 理万子
訳: 吉上 恭太
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「しあわせいっぱい荘にやってきたワニ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784834005554

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

ワニにのみこまれてしまったミネアポリスさんを助け出そうと、ジョニーはあの手この手をつくしますが……。個性豊かなキャラクターに彩られた、ユーモラスで暖かいお話です。

ベストレビュー

本当に手に汗を握りました(私ってこども)

 ミスマッチぽいご婦人とワニの表紙絵にクスリと笑ってしまいました。 
 下宿屋「しあわせいっぱい荘」の大家さんはミネアポリスさん。
 上品でとっても優しいご婦人です。
 ここにジョニー・ゴライトリーという若い船乗りの男の人が下宿しています。
 ジョニーは、航海で出かけた先の珍しいお土産を、大家さんのミネアポリスさんにいつも持ち帰ります。
 そのお土産の数々に「ほほ〜」「へ〜」「え゛っ?」って私。
 近所の人の決まり文句のような台詞「ミネアポリスさんは、人がよすぎますよ。」「もっとしっかりしなきゃだめよ。しっかりしなきゃ!」が出てくる度に笑いました。
 ある日のこと、究極のお土産(友人)を連れてジョニーが帰ってきました。

 初めての拒否反応を示した婦人でしたが、………。

 再び、航海に出たジョニーを見送る婦人たち一行の絵に笑いました。

 やはり私の心配したとおりになったと思ったら、ここからキティーの表情も面白かった。
 
 ジョニーとミネアポリスさんの力を合わせた悪戦苦闘の数々に本当に手に汗を握りました。
 (私ってこども)
 最後の最後まで、ミネアポリスさん救出劇に引っ張られました。

 息子は、カラカラ、カラカラと断続的に笑いっぱなしでした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーシュラ・ウィリアムズさんのその他の作品

魔女のこねこゴブリーノ / 福音館文庫 木馬のぼうけん旅行

堀川 理万子さんのその他の作品

あーといってよあー / はじめてのギリシア神話 / ひっつきむし / いっすんぼうし / 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮 / よるの おきゃくさま

吉上 恭太さんのその他の作品

みどりのトカゲと あかいながしかく / 10歳までに読みたい世界名作(14) 宝島 / デイジーの めちゃくちゃ! おさかなつり / くまくんと6ぴきのしろいねずみ / デイジーの びっくり! クリスマス / デイジーの もんだい! 子ネコちゃん



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

しあわせいっぱい荘にやってきたワニ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット