貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ベーコンわすれちゃだめよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベーコンわすれちゃだめよ!

作: パット・八ッチンス
訳: 渡辺 茂男
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年09月
ISBN: 9784033281902

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 「生みたてたまごが6個と、お茶にいただくケーキと、なしをひとやま買ってきてね。それからベーコンわすれちゃだめよ」とお母さんに言われ、お使いを頼まれた男の子。買わなくてはいけないものを忘れないように買い物リストをぶつぶつ唱えながら出かけますが、途中いろんなものを見かけていつの間にか「太いだいこん6本と、ぼくにいただくケープと、はしごだんがひとやまと、それからベーコンわすれない」と買い物リストが変わってしまいます……。

みどころ

 英語の韻遊びを絵本にした作品。買い物リストを唱えながら、どんどん内容が変わっていく状況におかしさが生まれます。たまご(egg )とだいこん足(leg)、ケーキ(cake)とケープ(cape)、なし(pear)と階段(stair)などなど、どれも英語の単語を思い浮かべるとクスッと笑える組み合わせばかり。お買い物リストがどんどん変わってしまい、最後はどうなっちゃうのだろうという心配はご無用。お話は巧みに展開され、最後にはオチもついています。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

お母さんにおつかいをたのまれた男の子が、忘れないように品物の名前をくり返していると?!? ユーモアあふれる楽しい絵本。

ベストレビュー

楽しい読み聞かせ

小学1年生のクラスで、読み聞かせをしました。
子供たちは、お父さんが現れたので興味津々。そんなところで「ベーコンわすれちゃだめよ!」と始めたら、みんなの目が輝き始めました。
「ベーコン…」は、お母さんに頼まれた4つのお買い物を、内容が途中でどんどん変わっていく話。間違った買い物をして帰る途中、一つずつ思い出して行くのですが、最後にベーコンを忘れてたというお話。
話の間合いで、「それ違うよ」「ナシだよ」などと、子ども達の言葉が入って、ツボにはまった感じ。
子供たちになじみのないモノもあったと思いますが。子供たちは感覚とリズムで絵に夢中です。
楽しかったです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

ベーコンわすれちゃだめよ!

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット