ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
やまあらしのぼうやのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまあらしのぼうやのクリスマス

  • 絵本
作: ジョゼフ・スレイト
絵: フェリシア・ボンド
訳: みやちとしこ
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784906195398

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お母さんになったら一年中読んでほしい母と子の心の絵本。
「ぼうやはおかあさんのこころのひかり」

ベストレビュー

お母さんの大きなこころ

ジーンときました。自分に自身を持てないやまあらしのぼうや。言葉少なに「あなたはわたしの心の光。」といって抱きしめるおかあさん。それだけで、勇気と自身が持てる子。学校のクリスマスの発表会の役割決めの時、みんなからばかにされ、掃除係になった時も「あなたなら、誰にも負けない、立派なお掃除係になれるわよ。」と抱きしめてくれたお母さん。発表会の日、ツリーのてっぺんに星がないことに気がついてあわてる子供達、そんな中、「ぼくにまかせて!」とキラキラモールをからだにつけて、ツリーにのぼったやまあらしのぼうや。「やっぱりぼうやは、私の心のひかり。」とお母さん。クリスマス絵本ですが、親の言葉1つで子供は自身も勇気持てるようになれる。そして、どんな時も子供を信じてあげられる心の余裕。とても考えさせられた絵本でした。
(きいろのねずみさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子8歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

フェリシア・ボンドさんのその他の作品

おおきなあかいなや / もしもねずみをえいがにつれていくと / こぶたのポインセチア / もしもムースにマフィンをあげると / もしもこぶたにホットケーキをあげると / もしもねずみにクッキーをあげると

みやちとしこさんのその他の作品

ぞうのマハギリ / あいうえおつきさま



2つの写真のまちがいをさがそう

やまあらしのぼうやのクリスマス

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット