くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱりの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
お外で遊んで、すっかりどろんこのくろくまくん。そんなときには、みんないっしょに、おふろに入ろう! おふろが楽しくなる絵本♪
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
サリバンせんせい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サリバンせんせい

作: 武鹿 悦子
絵: 広野 多珂子
出版社: チャイルド本社

本体価格: ¥571 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サリバンせんせい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

尊敬のまなざし

 ヘレン・ケラーとサリバン先生のお話ですが、広野多珂子さんの絵に惹かれて購入しました。「三重苦」という苦しみ、そして、「生きる」ということの喜びが、小さい子でも心で感じ取れるように、わかりやすい文章と、優しい絵で表現されています。

 娘も、何も聞こえない真っ暗な世界で、言葉も知らずに生きているヘレンの苦しみを、なんとかわかろうと懸命に努めているかのように、何度も、何度も繰り返し読みたがりました。
 あの有名な「水」のシーンでは、「ものには名前がある」ということをヘレンが初めて理解した瞬間、娘の顔もぱっと明るく輝きました。娘の手のひらに「みず」と書きながら、「どうかわかって。わかって」と必死に伝えようとしたサリバン先生の愛の深さにも心を打たれました。

 目を閉じ、両手で耳をふさいでも、「まだ光は見えるよ。ママの声も聞こえるよ」と、驚く娘。本当にどれほどの苦悩の中で、どれだけ努力し続けて、明日を切り開いていったことでしょう。
 ラストのページの成人したヘレンと、その傍らにぴったりと寄り添うサリバン先生の姿に、娘も最大限の尊敬のまなざしを送っていました。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子7歳)

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり / おはなし ねんねんねん / おそろい おそろい / とんぱらどんどん / くすのきだんちのなつやすみ

広野 多珂子さんのその他の作品

あかちゃん、がんばれ! / ピーテル、はないちばへ / ハートのはっぱかたばみ / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / かまきり じいっと じいっと / ぞうきばやしのすもうたいかい



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

サリバンせんせい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット