庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
いじめっこがふたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いじめっこがふたり

作: さとう さとる
絵: むらかみ つとむ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「いじめっこがふたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

いじめっこといじめられっこ。

 おおきなきがほしいのコンビがおくる、かおると二人のいじめっこのお話です。

 どこにでもいるいじめっこだけど、かおるの近くにいるいじめっ子は仲良しの二人組み。一人でも困るのに、二人もいてそれが仲がいいから余計に困る。お母さんは、遊ばなければいいでしょと言うけれど、この二人がいないとまわりのみんなな楽しく遊べない。いじめられることもあるけど、そうでないときもあるし、この子たちがいろんな遊びを見つけてきて、いつのまにか仲良く遊んでしまう。

 そんな時ある事件が起きた。二人のいじめっ子が、かおるの買ってもらったばかりの白い帽子に、さくらんぼを入れて汚れてしまった。大切な白い帽子を汚されたかおるがとった行動とは・・・。

 小学校に入学して、同じクラスのやんちゃな子にちょっかい出されては「明日は学校行かない」と泣いて訴えていた長男。けど、朝にはけろっとしてまた学校へ。毎日毎日この繰り返しだった時期があって、この絵本に出会った時かおるの強さのほんのちょっぴりでもいいから、我が子にあればなと思いました。しかし、時間がたつにつれてけんかしたり、遊んだりを繰り返すうちにいい友だちになっていったので、我が子もたくましくなったなぁと。思い出に残る本です
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子7歳)

出版社おすすめ


さとう さとるさんのその他の作品

ふしぎなふしぎなながぐつ

むらかみ つとむさんのその他の作品

あいさつのえほん おはよう さよなら ありがとう / あぶないあぶない / あいうえおてがみ / いまなんじ / もじのえほん かたかなアイウエオ / かたちのえほん まる・さんかく・しかくさん



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

いじめっこがふたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット