庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
おにの子こづな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにの子こづな

  • 絵本
作: 松居 直
絵: 安藤徳香
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,456 +税

「おにの子こづな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

病気の父親のためにきのこをとりにいった娘。鬼に出会い,鬼のよめさんになることを条件に,きのこをもらいます。東北民話を絵本化。

ベストレビュー

東北の方は知ってますか?

病気の父親のために、山奥へきのこを採りに行った娘は鬼に出会い、きのこの代わりに鬼の嫁さんになる約束をします。鬼に連れ去られた娘を探しに父親は長い旅をして、ようやく娘を捜し当てました。娘にはこづなという名の子供がいて、父親が鬼に食べられないよう3人で逃げてきます。平和に暮らしてましたがこづなが大きくなるにつれ、人を食べたくなってきたので、自分をカメに入れて埋めてくれ、3年後に掘り出してくれと言われ、泣く泣くそうすると、掘り出したカメからお金が沢山出てきました、というお話。

東北の民話が元になってるようで、本によっては、もっと残酷だったり、違った結末になってました。
絵がすごく独特で、鬼の顔が怖い!怖すぎです!長ーい舌を出して父親を食べようとするところはゾーっとしました。けれどおかしなところもあって、こづなのうんちが返事をしたり、鬼達を笑わせるために3人がお尻を出してぺったんぺったん歌いだしたり(ここが子供たちのお気に入りで真似して困ってるんですが・・・)。けれど最後は悲しいですね。こづなの宿命というか。あの鬼の血もひいてるけれど、とても立派な子供で感動しました。

(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子3歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

松居 直さんのその他の作品

傑作絵本劇場 ももたろう(大型絵本) / 翻訳絵本と海外児童文学との出会い / 松居直と『こどものとも』 創刊号から149号まで / 松居直自伝 軍国少年から児童文学の世界へ / 松居直のすすめる50の絵本 / 絵本の現在子どもの未来

安藤徳香さんのその他の作品

やまなし



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

おにの子こづな

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット