くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
ことばの贈りもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことばの贈りもの

作: 松岡 享子
出版社: 東京子ども図書館

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

子どもの本に関わるすべての人に

松岡享子さんの講演録です。

勧めてくださる方がいて読んでみました。

以前は講演会というと、本のお話をされることが多かったそうなのですが、子どもたちに接してこられて、子どもの言葉が弱くなってきていることに危惧を強められており、最近の講演会では子どもの言葉、言葉の発達、子どもへの働きかけなどについて話すことが多くなったそうなのです。

読みながら一つ一つ頷けることばかりでした。

言葉を通しての関係作り、子育てを通して思うのはまず親子の関係作りです。絵本を読む以前に親子関係を作ることはとても大切なことです。

最近、自分の子どものことだけをきちんと育てようとしていても、自分の子どもだけでなく周りの子どもも育っていかなくてはと思うことが多いです。

松岡さんが感じられているように、よそのお子さんに話をしても言葉が弾かれる、聞いてもらえないというようなことを経験したことがありました。

言葉の発達に悩む親御さんにもお勧めしたいし、子育て中、子どもの読み聞かせに関わる方々にはぜひ読んでいただきたい本だなあと思いました。

もっとうまく紹介できればいいのですが、つたない私の紹介で興味を示して読んで下さる方が一人でも広がればいいなあと思いました。

図書館で借りて読みましたが、ぜひ手元に置いておきたい一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

ことばの贈りもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット