わたしは だあれ? わたしは だあれ? わたしは だあれ?の試し読みができます!
文: まつもと さとみ 絵: わたなべさとこ 構成: うしろ よしあき  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
100人の保育士さん推薦! 子どもと読んだら100倍ハッピー!
しいら☆さん 50代・その他の方

楽しい遊びに展開できる絵本
やさしいタッチの絵本だなぁ〜 と、図…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ことばの贈りもの(レクチャーブックス◆松岡享子の本2)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことばの贈りもの(レクチャーブックス◆松岡享子の本2)

作: 松岡 享子
出版社: 東京子ども図書館

本体価格: ¥1,400 +税

「ことばの贈りもの(レクチャーブックス◆松岡享子の本2)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子どものことばの力が弱くなってきた? 子どもがことばを獲得していく姿を検証しながら、そのことばの力を子どもがもち続けるために、おとなはどうすべきか、わかりやすい例をあげながら、丁寧に説き明かします。2つの講演録などを収録。

ベストレビュー

子どもの本に関わるすべての人に

松岡享子さんの講演録です。

勧めてくださる方がいて読んでみました。

以前は講演会というと、本のお話をされることが多かったそうなのですが、子どもたちに接してこられて、子どもの言葉が弱くなってきていることに危惧を強められており、最近の講演会では子どもの言葉、言葉の発達、子どもへの働きかけなどについて話すことが多くなったそうなのです。

読みながら一つ一つ頷けることばかりでした。

言葉を通しての関係作り、子育てを通して思うのはまず親子の関係作りです。絵本を読む以前に親子関係を作ることはとても大切なことです。

最近、自分の子どものことだけをきちんと育てようとしていても、自分の子どもだけでなく周りの子どもも育っていかなくてはと思うことが多いです。

松岡さんが感じられているように、よそのお子さんに話をしても言葉が弾かれる、聞いてもらえないというようなことを経験したことがありました。

言葉の発達に悩む親御さんにもお勧めしたいし、子育て中、子どもの読み聞かせに関わる方々にはぜひ読んでいただきたい本だなあと思いました。

もっとうまく紹介できればいいのですが、つたない私の紹介で興味を示して読んで下さる方が一人でも広がればいいなあと思いました。

図書館で借りて読みましたが、ぜひ手元に置いておきたい一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 享子さんのその他の作品

おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / グリムのむかしばなし2 / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1) / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

ことばの贈りもの(レクチャーブックス◆松岡享子の本2)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット