あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
フランチェスカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フランチェスカ

  • 絵本
作・絵: ステファニー・ブレイク
訳: ふしみ みさを
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784774605838

おはなし

 フランチェスカは6歳のブタの女の子。お母さんと仲良しでよくお料理のお手伝いをします。でも、クリスマスの朝のこと。親戚の人を大勢迎えて食事をするので、お母さんもフランチェスカもクリスマス用メニューの準備に大忙しでした。バターとチョコレートを溶かすフランチェスカに、お客さまのことで頭がいっぱいのお母さんはいろんなことを口出しします。2人はたちまち大げんか。怒ったフランチェスカは鍋を放り出し、家を飛び出してしまいました。「お母さんなんて、大っきらい! あーあー、いっそのこと、ネコになりたい!」と言い終わらないうちに……。

みどころ

 晴れがましいはずのクリスマスの朝、客人を迎えるストレスから生じた口げんかがすべての始まりです。母娘であれば誰にでも覚えがあるような、ホームドラマのような1こまがユーモラスです。作者は日本版書き下ろしメッセージ(巻末)で「この作品を執筆する何日か前、実際に母親とクリスマスの七面鳥料理の仕方で言い争いになった」と告白。親子のやりとりがリアルに感じられるのは、そんな理由もあったのですね。子どもより大人が共感してしまいそう。主人公は6歳ですが、ぐんと親近感が湧いてしまいます。
 さて、家を飛び出したフランチェスカの楽観、彼女を追う家族の悲壮感を経て、ストーリーはアップテンポで進みます。クリスマスに起こった出来事ですが、描かれているのは家族愛。子どもを想う親の愛がいっぱいつまった作品です。最後の落ちはジョークなのでしょうか。イラストはシンプルでコミカル。ベレー帽姿のフランチェスカがおしゃれなフランスの絵本です。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

家と一緒なの

お母さんと喧嘩したフランチェスカは家を出て
猫になってしまいます。みんなフランチェスカを探しますが
猫しかいません。猫を家で飼う事にしました。
猫になったフランチェスカは家族と一緒にいられるし、
お手伝いもしなくていいし、元に戻りたいなんて思いません。
でも、ある夜、お母さんがフランチェスカの写真を見て
泣いています。フランチェスカはお母さんの胸に飛び込みました。
元に戻ったのです。
調度、パパ、、ママ、妹と家の家族と一緒でしかも、
ママの怒り方が私にそっくりだと言って娘がとても喜んでいました。

(りじゅらさん 20代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ステファニー・ブレイクさんのその他の作品

ちびちっち / あっ、オオカミだ! / うんちっち / いじわるシャルル / もらったものは もらったもの / オオカミだー!

ふしみ みさをさんのその他の作品

アルフィーとせかいのむこうがわ / アルフィーとせかいのむこうがわ / こねことおつきさま / ソフィーのくだものばたけ / もりのたんじょうびパーティ / サーカスくまさん



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

フランチェスカ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット