うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あのね、サンタの国ではね…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのね、サンタの国ではね…

  • 絵本
作: 嘉納 純子
絵: 黒井 健
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年11月
ISBN: 9784032210309

対象年齢 3・4歳から

おはなし

サンタの国ではたくさんのサンタが暮しています。中でも、一番大きくて、立派なひげをはやしているのが「グランサンタ」です。グランサンタたちはどのように1年を過ごしているんでしょう・・・?
グランサンタの家に集まって、新年のご挨拶をするのは1月。
2月は、子どもたちから届いたお礼の手紙を読んでいます。
トナカイたちが、空を飛んだりそりを引く練習をする「となかい学校」の入学式は4月。
5月にはサンタたちの体力測定。世界中を回るには、やっぱり体が丈夫でないとね。
サンタの国の短い夏を海で楽しむのは8月。
9月からはいよいよクリスマスに向けての準備が本格化し・・・。
12月・・・クリスマス・イブの夜、いよいよ世界中の子どもたちへプレゼントを届けに出発です!

あのね、サンタの国ではね…

みどころ

「サンタクロースって、クリスマスの時以外は何をしてるんだろう?」
「サンタクロースの1年のくらし」というサブタイトルのとおり、サンタの国の1年間が1月から12月まで、月ごとに描かれています。サンタの国では畑でおもちゃの実がなることや、トナカイ学校があること、とても大切な「サンタ会議」があることなど、私たち大人も知らないことがあるんですよ。
クリスマス・イブにプレゼントを届けるため、サンタさんやトナカイたちが1年を通して準備してくれている様子を、ぜひ、子どもたちと一緒にゆっくりページをめくってみて下さいね。
クリスマスシーズン以外でも充分楽しめる、おすすめの1冊です。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)

出版社からの紹介

サンタクロースって、クリスマス以外は何をしているのかな? 子どもの疑問に答える、サンタの国の1年間を楽しく紹介します。

ベストレビュー

“グラタン”サンタ?(笑)

サンタクロースって、実は大勢いて、北の果ての美しい森の中で仲良く暮らしている・・・。

サンタクロースが何人も?
読む前は、娘の中のサンタクロース像とのズレで、夢を壊してしまうことにならないかなと、ちょっぴり不安でした。
でも、まったくそんなことはありませんでした!
“世界中のこどもたち”に“同じ夜”にプレゼントを配るのだから、むしろこの方が説得力があります。

グランサンタと呼ばれる、一番大きくて立派なおひげを生やしたサンタを中心に、サンタクロースたちが、どのような一年を過ごしているかを描いています。
1月、2月、3月・・・、仕事は12月だけじゃありません。
色々な準備や余暇、サンタクロースも生身の存在なんだって、より身近に感じるのではないかと思いました。

娘は、サンタクロースたちの一年を ひとつひとつ興味深く見ていました。
「そっか〜、“グラタン”サンタがいるのか〜♪」って(笑)
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

あのね、サンタの国ではね…



全ページためしよみ
年齢別絵本セット