雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
いちばんたかいのだあれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちばんたかいのだあれ?

作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちばんたかいのだあれ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年08月
ISBN: 9784323018164

出版社からの紹介

てんとう虫の兄弟と動物たちの楽しく心温まる絵本!てんとう虫のリキは妹よりも大きいことが自慢。ところがリキより大きな動物たちが次々と現れて…。

ベストレビュー

大きい事は偉い事?

てんとう虫の兄弟の中で一番のっぽで大きいリキ。
小さい兄弟とは遊びません。だて、僕は大きいんだから!
自分が一番大きい!と威張るリキの後ろに
「私が一番大きいのよ!」とねずみが現れ、
その後ろにそれより大きいにわとり、ブタ、うしが・・・。
そして最後に現れたのはなんとあのリキの小さな兄弟たち。
さあ、どうして小さいのに大きいのかな?
体の大きさが全てじゃないってことだったのです。
とっても可愛らしい絵本でした。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・グレイニエツさんのその他の作品

こざる 10ぴき がんばる! / こねこ9ひきぐーぐーぐー / フィアボ / いのちのいろえんぴつ / おとぞうさん / だれかさんの目

ほその あやこさんのその他の作品

だれかいるの? / ちかみち / 恋するアルバート / テディ そよかぜさわさわ / テディこなゆきふわふわ / テディ おちばひらひら



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

いちばんたかいのだあれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット