ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
twelve12ボクたちのつぶやき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

twelve12ボクたちのつぶやき

作: 森田あき子
絵: 森田 祥子
出版社: 文芸社

本体価格: ¥800 +税

「twelve12ボクたちのつぶやき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

オトナの曖昧さを射抜くような鋭い眼光、そしてパンキッシュでアグレッシブな十二支の着ぐるみ。彼らは天使か、それとも悪魔なのか……?存在感抜群な12人の子どものイラストを力強いタッチで娘が描き、そして母がそれにインスピレーションを受け、子どもたちの真っすぐな心のつぶやきを綴る。感性ほとばしる母娘が競演した、ユニークな絵本。

ベストレビュー

思春期の頃に戻って

本好きの娘が図書館で一冊の本を借りてきました。それは、以前私が借りようか迷った本でした。絵に強い印象があり、小1の娘にはまだ早いかなっと思って棚にもどした本でした。夜娘と二人で読みました。思春期の子どものこころをとてもストレートに書いた本で、よもや、押しつぶされそうになる子どものこころの叫びの様にも聞こえ、読みながら詰まってしまいました。娘は「なんだか、ここのところ(胸の当たりを押さえて)が温かくなったよ。」と、素直に感想を話してくれました。
(わらべさん 40代・ママ 女の子7歳、男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

twelve12ボクたちのつぶやき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット