もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
さよなら さんかく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さよなら さんかく

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784061272910

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

 「さよならさんかく またきてしかく しかくはとうふ・・・」連想遊びの様なこのわらべうたに、イメージを広げてより楽しめる絵を安野光雅さんが描いています。繰り返しページをめくりながら全部覚えたくなります。そして最後まで行ったらさかさまにして逆戻り!色々な楽しみ方があります。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

この本は、昔から全国各地で子どもたちに親しまれてきた、「さよならさんかく」のわらべうたをもとに、安野光雅さんが絵本にしたものです。このようなわらべうたは、連想遊びのわらべうた、あるいはしりとり遊びのわらべうたとよばれ、鎖のようにずっとつながっていくのが特徴です。

ベストレビュー

うちの方では「ひかるはオヤジのはげ頭」です

最近、幼少時に聞いたわらべ歌など友達と話題になっていたので、このタイトルが気になって図書館で借りてきました。
「さよならさんかく」って、地方によって、随分いろいろなバージョンがあったのだと、安野さんの後書きで知りました。
ちなみに私が子どもの頃歌っていたのは、本書の歌詩でもなく、後書きに載っていた幾つかの代表の歌詞でもなく、
確か…
「さよなら三角またきて四角
四角は豆腐 豆腐は白い 白いはうさぎ うさぎははねる
はねるはかえる かえるは青い 青いは葉っぱ
葉っぱは ゆれるゆれるは幽霊 幽霊は消える
消えるは電気 電気はひかる ひかるはオヤジのはげ頭」
でした。

この本では「おばけ(幽霊)」の後「消えるは忍者」なんだ〜。電気じゃないんだぁ。しかも、「忍者」で終わりなんだ。と、そこが一番ビックリしました。
やはり自分は「オヤジのはげ頭」で終わらないと、終わった感がないというか、物足りない気がしました。
でも、「さよならさんかく」って奥が深いわらべ歌(わらべ歌認定していいのでしょうか?)だったんですね〜。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



第12回 『あったかいな』の片山健さん

さよなら さんかく

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット