だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
百年たってわらった木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

百年たってわらった木

  • 絵本
作: 中野 美咲
絵: おぼ まこと
出版社: くもん出版

本体価格: ¥1,200 +税

「百年たってわらった木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784774307244

幼児から
A4変型判/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森の中に、とてもかっこいい木がありました。

ぐんとのばした枝、するどい葉っぱ、ツルツルピカピカのはだ。
百さいになるというのに、いつでもどうどうとしています。

けれども木は、そんな外見からはわからない、さびしい思いを
していました。

それは、ひとりも友だちがいないこと。

こんなにかっこよくしているのに、どうして友だちができないの・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作者が小学6年生のときにこのお話を書くきっかけとなったのは、
新聞に掲載された「いじめ」の特集記事でした。

なぜ、いじめがこんなに多いのか?なくなることはないのか?
と考えつづけていました。

そして、小学校の6年間をとおして、自分の周りに「いじめ」が
なかったのは、常にありのままの自分をだせて、ありのままの仲間
をうけいれる・・・当たり前のことだと思っていたことが、実は難しく、
そして大切なことでした。

 「 つかれたときは つかれたように
     ツライときには ないたっていいんだ」

樹齢百年の老木を通して、ありのままの姿で生きることの大切さ
が語られるお話です。

百年たってわらった木

ベストレビュー

頑張り過ぎてる子達に・・・

作者12歳!ってことに、ただただ驚かされました。

とても深いお話です。
自分をよく見せようと飾ることに一生懸命で頑張りすぎていた木が、百年たって孤独に気づくというお話です。

「飾らず、ありのままの自分を見せればいいんだよ」というメッセージが真っ直ぐに伝わってくる作品でした。

12歳の作者もきっと悩み苦しんだことがあって、このような見解に達したのでしょう。
だからこそ作品に記し、力強いメッセージとなったのでしょう。

作者と同じ年頃の子ども達に読むと、いいのではないでしょうか?
きっと多くの子の胸に、痛烈に届くはず☆
(カトリーヌみどりんさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おぼ まことさんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(2) 古田足日子どもの本 / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / もりのふくろう / はなのはなうた / ようこそおばけ☆パーティーへ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

百年たってわらった木

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 28人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット