まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ピンポンならすのだあれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピンポンならすのだあれ?

作・絵: たるいし まこ
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784579404209

出版社からの紹介

初めてお留守番することになったしゅんちゃん。お客さんが来たらどうしようとドキドキしていると、早速ピンポーン! 不思議だけれど楽しいお客さんが、次々にやって来ます。

ベストレビュー

お留守番はどきどき。

すごく可愛い絵本です。
お留守番って、小さい子には命がけの仕事ですよね?(ちょっと、大袈裟かな?)
しゅんたくんも、お母さんが急に買い物にいくことになって、(たぶん初めてなのかな?)お留守番をすることになります。どきどきしているしゅんたくんのところに、次々にやってくる不思議な人(?)たち。
とっても爽やかで、楽しいお留守番を見ることができました。
最近、我が家の子供達もやっとできるようになったお留守番。ただ、近頃はちょっと怖い世の中なので、この絵本のしゅんたくんみたいに、簡単にドアチェーンをはずしちゃだめですよ。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たるいし まこさんのその他の作品

ぱんだがころんで… / いまから ともだち / おたんじょうび、もらったの / ぼくのなかのほんとう / おかあさんのおべんとう / あなたこそたからもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ピンポンならすのだあれ?

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ピンポンならすのだあれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット